• ホーム
  • バックリンク対策のために中古ドメインを取得しよう

バックリンク対策のために中古ドメインを取得しよう

色々なSNSアイコン

中古ドメインとは、過去に使われていたドメインのことです。
サイトやアフィリエイトを新しく構築する際には、新規ドメインを取得するのが一般的ですが、この場合だと検索で高い順位に達するには少なくとも半年ほどかかります。
これは、検索エンジンがコンテンツの情報をインデックスするまで(サイトの存在を認知するまで)に最低でも1ヶ月、さらにどんなに良質なコンテンツであってもエンジングフィルタがあるため、3ヶ月は様子見期間になります。
中古ドメインの中には高く評価できるものがあるにも関わらず、期限切れで使われていないものが多々あり、検索上位に表示されるまでの数ヶ月を短縮する対策として中古ドメインが注目されています。

中古ドメインのメリットとしてGoogleのページランクやバックリンク、カテゴリ登録などの評価を引き継げることでしょう。
つまり過去に使われていた期限切れの中古ドメインを取得すれば、新規ドメインで運用する際に見られる半年間を無駄なく有利にできるのです。

特にアフィリエイトを有利にするには、コンテンツの内容を良質にすることは当然として発リンクやバックリンク対策が欠かせません。
なかでもバックリンクは外部サイトがハイパーリンクを貼って紹介してくれるものなので、SEO対策では重要な要素になっています。
中古ドメインでSEO対策をすることでインデックスが早くなる、ロングテールのアクセスが増える、メインキーワードやサブキーワードでの順位上昇が期待できるため、スピード感あふれるアフィリエイトを目指せます。

良質な中古ドメインの取得方法について

中古ドメインを取得するなら中古ドメインツールを使ったり、専門ネットショップから購入するのが一般的な方法です。
手動で探せば無料になる場合もありますが、数え切れない程存在する中古ドメインの中でドメインパワーを持つ良質な中古ドメインと巡り合うのは、広大な砂漠の中で針を見つけるのと同じぐらい難しいでしょう。
中古ドメインは、品質がまばらな中古自動車のようなものなので、経験のない方が自分で探すのは難しいです。

またツールを使うことでGoogleからペナルティを受け、長年放置された中古ドメインを取得してしまったというようなトラブルも防げます。
専門ネットショップで購入する方法もあります。
特に良質なネットショップの場合では、ドメインパワーに関係するデータをチェックしてくれていますし、価格も手頃です。
気になるデータですが、中古ドメインごとに有効リンク率やバックリンク(被リンク)、元IP分散率や低品質リンク率、アンカーテキスト分散率や有効期限、リンクジュース比率やラッコランク、ページランクなどの数多くのドメインパワーを分析しており、必要に応じてチェックできます。

また価格帯も数千円程度から数万円ほどとなっており、代金を支払うだけで取得できる最も簡単な方法と言えるでしょう。
中古ドメインを取得するには、専門ツールを使うか、売買実績のある専門ネットショップを利用するのが一般的です。

サイト内検索
人気記事一覧