• ホーム
  • バックリンク対策のやり方を間違えるとどうなる?

バックリンク対策のやり方を間違えるとどうなる?

効率よくバックリンク対策を講じるには、具体的にどうすればいいか分からない方も多いはずです。
やり方を間違うとサイトに大きなダメージがありますので、なおさら尻込みしてしまうところですが、まず重要なのが、Googleのアルゴリズムにスパムリンクだと認識されないような環境を作り出すことです。
質の良し悪しでどのような差が生まれるのか知識として蓄えておくと、それだけで格段に安全なSEO対策を講じることができるようになります。
まず、当然のことですが、悪いバックリンクが多いと順位を下げることになるばかりか、更に悪質な場合、どれだけドメインパワーがあっても、インデックスから削除されてしまうこともありえます。
そうなると、せっかく順位をあげようと思ってやってきたことが台無しになり、ダメージから回復するために手を打たなければいけなくなります。

避けるべき相互リンク集

たとえば相互リンク集の利用は、有料・無料を問わず危険です。
そのようなリンク集には、ジャンルやテーマがばらばらな無数のブログや、評価順位の低いサイトがごった返しています。
そんな程度の低いサイトから多くのバックリンクを受けると、一気に順位は下がってしまいますし、そもそもGoogleのガイドラインで禁止されていることなので間違いなくペナルティを受けます。
発リンクが少ないサイトからリンクを受けることも良い評価を得るためには重要なことですが、その点でも難しくなってきます。
もしGoogleの手動ペナルティを受けてしまった場合、解除申請するための手間がかかってきます。
その間に伸びるはずだったアクセスがまるごと損失となり、ドメインパワーも大きく下がります。
悪いものを駆逐し、良いリンクを増やしていれば、リカバリーに時間を割かれることもなくなります。

サイト内検索
人気記事一覧