• ホーム
  • 質の良いバックリンクが重要な理由

質の良いバックリンクが重要な理由

良質なリンクと悪質なリンクには、いくつもの違いがあります。
サイトのコンテンツが素晴らしいものだと、他のユーザーが運営するサイトに多くリンクしてもらえることになります。
そのため、Googleの検索エンジンは、持ち主が同じではない、クラスC以上でIP分散されたサイトからのバックリンクが多いほどに、該当のWebサイトを質が良いと評価します。
同じ理由で、さまざまなドメインからのものが増えるほど、自サイトにとっては良い方向に働きます。
反対に、リンク先にIP分散されていないサイトが多くなっていると、悪質な怪しいサイトだと判断されてしまいかねません。

また、自然なバックリンクが多くあるということが、良いリンクとみなされる重要な点です。
例えばアンカーテキストに目標キーワードをうまく組み込むことができていれば効果的に働きます。
しかし、あまりに同じ言葉を使いすぎたり、「コップかわいい」などといったように直接的すぎる場合には、作為的なものだと判断されてしまい順位が低下してしまう可能性があります。
サイトのタイトル名やキーワードを含んだ文章をアンカーテキストに組み込むことが重要です。

バックリンクの言語と関連性

Googleの検索アルゴリズムは不自然なリンクを見つけ出すために、バックリンク先が何の言語で書かれているか確認しています。
自サイトが日本語の場合は日本語で書かれたサイトからリンクされることで評価は高くなりますが、言語が異なるサイトが多いとGoogleに低い評価を与えらてしまう場合があります。
サイトと関連性の高い、専門的な内容のあるドメインからリンクを受けることも、サイトの価値を高める上では大事なことです。
例えば「旅行系のサイトであれば旅行系の記事」といったように、テーマに関連深いリンクが自然に構築されていると順位が上がります。